ストロングライフ事件とは

最近では物騒な世の中になり、夜遅く帰宅せざるを得ない女性の方の中には催涙剤(催涙スプレー)を所持している方もいるかもしれません。催涙剤と言えば、行政法の重要判例「ストロングライフ事件」を押さえておきましょう(判例百選行政法第1巻58事件、第5版)。
1、ある人が西ドイツのストロングライフなる催涙剤を知り、輸入業の登録申請をした。
ストロングライフ事件、申請.png
 
2、ストロングライフは劇物であり開眼不能にする危険なものとして登録を拒否
ストロングライフ、登録拒否.png
 
3、法定の登録拒否事由がないのに登録拒否したものとして、拒否処分の取消しを求めて訴えを起こした
ストロングライフ事件、裁量の逸脱濫用.png
 
4、その結果は?
【続きは横溝慎一郎講師のブログで】

最新記事

講師ブログ

横溝慎一郎 【LEC】
PR: LEC行政書士サイトはこちら 黒沢怜央 【LEC】 平林勉 【伊藤塾】
PR: 伊藤塾行政書士講座はこちら 小池昌三 【TAC】
PR: TAC行政書士サイトはこちら 福澤繁樹 【フォーサイト】
PR: フォーサイト行政書士講座はこちら 笠原裕明 【東京法経学院】
PR: 東京法経学院 行政書士講座はこちら 林裕太 【アガルート、元大原】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(行政書士講師ブログ)

【知恵袋】行政書士に関する質問
PR: 行政書士試験解答速報

(スポンサードリンク)