重要事項を完全にマスターする

行政書士サイトはこちら
行政書士試験は6割の180点得点できれば合格する試験です。逆を言えば、120点落としてもいい。これは何を意味しているのか。それは重要事項を完全にマスターすれば十分に合格できる、ということです。
重要事項とは、行政書士講座の先生が強調するAランクを指します。独学で市販の参考書を使用する受験生の方ならば太字の部分がそれに当たります。その重要事項を確実にマスターすれば、行政書士試験の合格は限りなく近づいてきます。
しかし受験生の方の中には、その重要事項を読んで終わり、そのような方が多くいらっしゃいます。重要事項を完全にマスターするとは、

1、読んで理解する
2、確実に記憶する
3、他人に説明できる

ことを言います。特に3の「他人に説明できる」これがポイントです。他人に説明するためには自分の中で完全に理解しないと説明のしようがなく、中途半端な理解ではできないからです。
ぜひ学習したことを他人に説明してみましょう。「相殺と言うのは…」「債務不履行と言うのはね…」など、他人とくに法律知識がない方や子供に説明できるようになればベストです。
この「他人に説明してみる」と言うのは手軽な方法でありながら、とても効果のある学習方法です。ぜひこの方法で行政書士試験合格を目指しましょう(近くに人がいない場合は、自分自身に説明してみる)。

最新記事

講師ブログ

横溝慎一郎 【LEC】
PR: LEC行政書士サイトはこちら 黒沢怜央 【LEC】 平林勉 【伊藤塾】
PR: 伊藤塾行政書士講座はこちら 小池昌三 【TAC】
PR: TAC行政書士サイトはこちら 福澤繁樹 【フォーサイト】
PR: フォーサイト行政書士講座はこちら 笠原裕明 【東京法経学院】
PR: 東京法経学院 行政書士講座はこちら 林裕太 【アガルート、元大原】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(行政書士講師ブログ)

【知恵袋】行政書士に関する質問
PR: 行政書士試験解答速報

(スポンサードリンク)