学習法を変える必要性を検討する

行政書士サイトはこちら
行政書士試験も終了し、受験生の方の中には学習法を変える必要性があるのではないか?と考えている方もいらっしゃるかも知れません。反省をしてそれを次に活かす、これはとても大切なことです。
しかし、あなたの勉強法は本当に間違っているのか?行政書士試験は6割である180点以上の得点で合格です。ならば180点で合格した受験生の学習法が常に正しくて、178点で不合格になった受験生の学習法は必ず間違っているのか?
たとえ不合格になった受験生の方でも学習法は正しいが、ただ単に学習時間が足りなかった、繰り返し学習が足りなくて知識の定着ができていなかった、そのようなケースがたくさんあります。
このような場合は学習法を変える必要など全くなく、むしろ学習時間をどのように捻出するかという別の問題の話になります。
したがって、今回の行政書士試験に失敗し学習法を変えようと思っている受験生の方は、変える前にその必要性があるのか検討してみてください。

最新記事

講師ブログ

横溝慎一郎 【LEC】
PR: LEC行政書士サイトはこちら 黒沢怜央 【LEC】 平林勉 【伊藤塾】
PR: 伊藤塾行政書士講座はこちら 小池昌三 【TAC】
PR: TAC行政書士サイトはこちら 福澤繁樹 【フォーサイト】
PR: フォーサイト行政書士講座はこちら 笠原裕明 【東京法経学院】
PR: 東京法経学院 行政書士講座はこちら 林裕太 【アガルート、元大原】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(行政書士講師ブログ)

【知恵袋】行政書士に関する質問
PR: 行政書士試験解答速報