国民の権利利益の保護

行政書士サイトはこちら
今日は行政法3兄弟について紹介したいと思います。
(1) 長男…行政事件訴訟法。頭が固く、厳格。結論が出るまで時間がかかる慎重型の人間。生活費がやたらとかかる(訴訟費用)。
(2) 二男…行政不服審査法。吉野家ではないが、結論が出るまで「早い、安い、うまい」の3拍子が特徴。ただ結論が行政寄りのお調子者。
(3) 三男…行政手続法。あらかじめルールを決めて、トラブルを未然に防ぐしっかり型。平成5年に生まれたばかり。
この行政3兄弟は見た目は異なりますが、
国民の権利利益の保護(救済)を座右の銘にしています。やはり兄弟なのですね。
さて、行政書士試験対策の行政法の勉強も佳境に入ってきた所でしょう。ここで一度、国民の権利利益の保護の観点から行政法3兄弟の条文を確認してみて下さい。条文中のいろいろな制度も、この趣旨に収束されることが確認できると思います。
行政法は分かり始めると、とても楽しい科目です。このような状態に入ると配点が高く、行政書士試験の合否を左右する40字記述式も無理なく解くことができます。あせることなく合格目指して頑張りましょう。

最新記事

講師ブログ

横溝慎一郎 【LEC】
PR: LEC行政書士サイトはこちら 黒沢怜央 【LEC】 平林勉 【伊藤塾】
PR: 伊藤塾行政書士講座はこちら 小池昌三 【TAC】
PR: TAC行政書士サイトはこちら 福澤繁樹 【フォーサイト】
PR: フォーサイト行政書士講座はこちら 笠原裕明 【東京法経学院】
PR: 東京法経学院 行政書士講座はこちら 林裕太 【アガルート、元大原】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(行政書士講師ブログ)

【知恵袋】行政書士に関する質問
PR: 行政書士試験解答速報

(スポンサードリンク)