行政書士試験の学習、教科書・基本書はいらない?

今回は1000時間という短期間の学習で司法試験に合格した福田大助氏の本からの引用です。福田氏は教科書・基本書について

(中略)いわゆる基本書とか参考書とかいわれるものの扱いだが、これは一切読まなくてよい。かなり大胆な提言であるが、私はそれを実践してすべてに合格してきたのだから信じて欲しい。
「難関資格 合格したけりゃ、本は読むな!社会人こそ、最短時間で一発突破できる」、73ページ)

と話しています。福田氏は過去問中心主義者であり、参考書の類は読まなくて良い、と主張しています。しかし、過去問中心主義にせよ、参考書を読まなくては問題は解けません。これに対し、福田氏は

最初に薄くて構わないから、それぞれの教科ごとに入門書といわれるものを読んでおく。それからすぐに過去問へと進んでもらいたい。入門書を読む理由は全体をおぼろげながらでもいいから把握するため。やはり全体像はつかんでおいたほうがいいからだ。
(同74ページ)

なるほど、これなら過去問も何とか解けそうです。さらに福田氏は、

また基本書、参考書は各教科、1冊でOK。その結果、私が導き出した結論は、試験に良く出る問題は基本書、教科書の全体の二~三割。残りの七~八割はほとんど出ない。だからこそ基本書、教科書は読まなくていいといっているのだ。(同74ページ)

福田大助氏はこの方法で実際に、東京大学・国家一種・司法試験に合格しています。ということは、この学習方法はかなり理に合った方法と言えるかもしれません。
行政書士試験の受験生の方は、ぜひこのような学習方法も参考になさってください。寒い日が続きますが、合格目指して頑張ってください!

最新記事

講師ブログ

横溝慎一郎 【LEC】
PR: LEC行政書士サイトはこちら 黒沢怜央 【LEC】 平林勉 【伊藤塾】
PR: 伊藤塾行政書士講座はこちら 小池昌三 【TAC】
PR: TAC行政書士サイトはこちら 福澤繁樹 【フォーサイト】
PR: フォーサイト行政書士講座はこちら 笠原裕明 【東京法経学院】
PR: 東京法経学院 行政書士講座はこちら 林裕太 【アガルート、元大原】

その他の講師ブログ
その他の講師ブログは、トップページ(行政書士講師ブログ)

【知恵袋】行政書士に関する質問
PR: 行政書士試験解答速報

(スポンサードリンク)